株主優待はお得なのか?絶対的に得する理由とは?

株主優待とは?

株主優待制度とは一定の株数以上を保有している株主に対して、年に1~2回、企業側が株主に対してモノやサービスなどを提供する制度のことです。

つまり、企業側が株主に対してモノやサービスなどの「気持ち」でお礼をするといった日本独自のものです。

米国においては優待制度を設けている企業の方が逆に少ないといった特徴もあります。

この株主優待ですが、我々個人投資家にとっては非常にお得な制度となっています!

特に小額で投資を行っている人にはメリットが大きいので、これから小額でも投資をしてみようと考えている方は、まずは小額から株主優待目的で株を買ってみてはいかがでしょうか?

株主優待がお得な理由

100株から株主優待をもらえる

基本的に株主優待というものは最低単元の株数を持っていればもらうことができます。

つまり1000株もっていようと100株もっていようと株主優待の内容自体はそこまで変わらないため、小額で株式投資をしている人にとっては非常にお得なのです。

なぜこのような仕組みになっているのかというと、企業側としても多くの株主に株を買ってもらいたいという意図があるからです。

株主が増えれば増えるほど、その企業の社会的認知や信用が上がるため、企業は株主優待をたくさんの株主へ配分するというわけですね。

長期保有すると長期保有特典がもらえる?

また株主優待は長期保有することで更にお得になります。

例えばオリックスであれば株式を長期保有するとカタログギフトがグレードアップします。

【関連記事】オリックス(8591)嬉しいカタログギフトが5000円分!?株主カードでレンタカーが30%OFF?


参照:オリックスHP

グレードアップしたら、中々株式を手放せなくなりますよね?

こういった施策をすることで、長期保有する株主が増え、株式が売られるような局面においても株価の大幅な下落を防ぐことができるのです。

そういった点では、株主優待で得する銘柄は長期保有に向いているといえるでしょう。

生活に役立つ優待が多い

また株主優待は生活に役立つものが多い点が特徴です。

例えば、食べ物や生活用品、服や時計、ネックレスなど非常に実用的な者が多く、株主優待をうまく使えば生活コストを非常に押し下げることができるのです。

実際に株主優待だけで生活している桐谷さんという元将棋の棋士の方もいらっしゃいます。

実際に桐谷さんのような方がいるので、株主優待は生活コストを引き下げるだけではなく、生活コストをゼロにする可能性も秘めているということですね!

私個人のおすすめが、株主優待の食事券です。

家族、友人、会社の同僚などと外に食べに行く機会は多いかと思いますが、そういった場面で株主優待は非常に大きな役に立ちます。

食事券がもらえる私が実際に利用している株主優待おすすめランキングを下の記事で紹介していますので、ご興味のある方は是非参考にしてください。

【関連記事】【2019年版】株主優待おすすめ外食ランキングBEST10を紹介!少しでも安くお得に外食に行こう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です