レオパレス21は倒産するの!?レオパレス株価暴落で今後はどうなる!?

レオパレスの株価が下落している理由

チャート画像

レオパレスの株価が大暴落しています。

2018年の4月には1,000円台だった株価も現在は200円台と約1/5のレベルまで急落しています。

施工不良が発覚

この株価暴落の要因は施工不良の発覚です。

レオパレスでは下の図のような様々な施行不良が発覚しました。


参照:毎日新聞

図のようにアパートの天井裏に、遮音や延焼を防ぐ「界壁」が設置されていないと、火事が起きたときにはマンション全体に火が回ってしまい、加えて隣の住民の生活音などはすべて筒抜けになってしまうのです。

実際にネット上では、『チャイムを鳴らされたと思って玄関を開けたら、4軒隣の部屋だった』というような生活に支障をきたすレベルの事象が噂されていました。

施工不良が発覚した経緯

この施工不良が発覚した経緯はテレ東の「ガイアの夜明け」によるレオパレス21の不正特集です。

「ガイアの夜明け レオパレス」の画像検索結果
参照:ガイアの夜明け

第1弾ではレオパレス21とオーナーとの「契約」をめぐるトラブルを報じ、第2弾は「物件」そのものの不正に切り込んだ内容でした。

この放送をきっかけにレオパレス21の不正が次々に明るみ出たということになります。

補修工事の費用で経営悪化!最終損益439億円の赤字

参照:日経新聞

不正が明るみになった結果、その施行不良を補修工事する費用がかさみ、2018年4~12月期連結決算は最終損益439億円という大幅な赤字に転落することになりました。

おそらく発覚した不正はまだ一部だと考えられるので、今後さらに施行不良が発覚した際には補修工事の費用増加で、レオパレス21の業績は悪化していくことが予想されます。

「かぼちゃの馬車」の元社長はレオパレス21の出身?

レオパレス21は組織ぐるみで、不正施行を繰り返していたといえます。

最近話題になったシェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営していたスマートデイズの元社長はなんとレオパレス21の出身だったそうです。

このスマートデイズの顧客に不正融資していたスルガ銀行の不正融資も明るみになり、一時期社会問題になりましたよね。

【関連記事】スルガ銀行が倒産した場合、預金はどうなるの?シェアハウス問題

儲かれば何をしてもいいという企業文化が、最近頻繁に発覚する企業の不正に繋がっているのではないでしょうか。

【関連記事】「かぼちゃの馬車」を運営していたスマートデイズはなぜ破綻したの?その理由は2つ!スルガ銀行の株価も大幅下落!

レオパレスは倒産するのか?

さて、それではレオパレス21は今後倒産するのでしょうか。

おそらく2つのパターンが考えられるかと思います。

一つ目のパターンが倒産です。

そして二つ目のパターンが他企業に買収されるというケースです。

今後補修工事がどれだけかかるかがカギ

倒産するかどうかという点に関しては、今後補修工事費用がどれだけかかるかといった事が問題になります。

火の無いところに煙は立ちませんので、今回発生した施行不良以外にもまだ見つかっていない不正が数多く存在していると考えられます。

そういった意味でも更に費用がかさみ、暫く赤字経営が続くと予想されます。

ブランド力の低下による「逆ざや」問題が発生

不正が明るみに出たことによりレオパレス21のブランドは大きく毀損しました。

今現在レオパレスで賃貸を借りている人は他に引っ越すかもしれませんし、これからあえてレオパレスの物件に入居したいと考える人は少なくなるはずです。

しかし、レオパレス21は借主がいなくてもオーナーに賃料を保障していますので、空き部屋でもオーナーに賃料を払わなければいけないのです。

つまり、「逆ざや」問題が発生することにより、更に費用が増加してしまうということです。

まとめ

再建はほぼ不可能に近い

以上のことからもレオパレス21の再建はほぼ不可能に近いと考えられます。

確かに他社が買収することも考えられなくはないですが、ブランドを毀損した企業をあえて買う企業は少ないはずです。

今後どれだけ費用がかさむかは未知数のため今レオパレス21の株を保有しているという方がいたら、即損切りすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です