【解説】積み立てNISAの仕組みをわかりやすく解説!?年間非課税枠40万円でコツコツ積み立て投資

積み立てNISAとは

つみたてNISA(少額投資非課税制度)とは、2018年からはじまった新たな投資の非課税制度です。資産運用に疎い若い世代を対象に投資の裾野を広げるという流れから生まれた制度です。

基本的に投資をして得た利益に対しては一律で20%の税金が掛かります。積み立てNISAではこの利益にかかる税率が0%になるので、利用していない方は是非利用することをおススメします。

積み立てNISAのここがポイント!!

1非課税投資枠が年間40万円

今までのNISAの投資枠は年間120万円でした。一方この積み立てNISAは非課税枠を年間40万円まで引き下げることによって投資に対しての敷居を低くしています。

2非課税運用できる期間が最長20年

20年間積み立てし続ければ非課税枠が最大800万円になり大きな非課税メリットが見込めます。まさに長期運用を目的にした制度なのです。制度の終了は2038年までです。

積み立てNISAの注意点

NISAと積み立てNISAの弁用はできない

NISA口座と積み立てNISA両方開設することはできません。

どちらか一方、ご自身の用途に合った方を選んで口座を開設してください。

損益通算はできない

これは現行のNISAと変わりませんが、特定口座と積み立てNISAの損益通算を行うことはできません。

NISAと違い株式に投資できない

積み立てNISAはNISAと違い投資信託やETFにしか投資できません。つまり現物の株式は買えないのです。株主優待が欲しいといった方は注意が必要です。

結局NISAと積み立てNISAどちらがいいの?

NISAが合っている人

  • 株主優待がほしい
  • ある程度リスクを取って運用したい
  • 自分の好きなタイミングで商品を買いたい

積み立てNISAが合っている人

  • 投資を今まで行ったことが無い
  • 長期的にじっくり資産運用したい
  • あまりリスクを取りすぎるのは怖い

ですのでイメージとしてはNISA口座が今まで投資をしたことがある人用、積み立NISA口座は投資自体初めてな人向けになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です