【初心者向け】FX取引で絶対に気をつけなければいけない3つのポイントとは!?

FX取引は危険?

FX取引と聞くと「危険」というイメージを真っ先に思い浮かべる人もいるかもしれません。

確かにFX取引ではレバレッジを最大25倍まで引き上げることができますので、取引の仕方によっては非常に危険なものとなり得る可能性もあります。

急な相場急変による追証で借金を背負ってしまったという方も、少なからず存在するのです。

逆にFX取引が危険と言われている所以を事前に知っておくことで、危険な取引を避けることもできるのです。

FX取引で気をつけるべき3つのポイント

危険な取引を避ける上で、知っておかなければいけないポイントは3つあります。

FXは相対取引であると知る

まずFX取引は相対取引であるという事を知りましょう。

相対取引とは、株式などのように市場がありそこで取引するわけではなく、FX会社と1対1の取引をするということになります。

つまり顧客の利益はFX会社の損失となりますので、顧客とFX会社の利益は相反するということになります。

この仕組みを知らないと、業者ごとにサービスの質(スプレッド)が違うので思わぬところで取引コストが上がってしまうことになるのです。

【関連記事】意外と知らない相対取引と市場取引(取引所取引)の違いとは!?FXは相対取引!

レバレッジを上げすぎない

2つ目のポイントとしては、レバレッジを引き上げすぎてはいけないという事です。

FX取引はレバレッジを最大25倍まで引き上げる事が可能です。

しかし25倍というレバレッジはベテランの方でも非常に危険で、1度の負けで再起不能になり得るリスクの取り方です。

逆にレバレッジさえ引き上げなければ、FX取引で大損するというようなことはあり得ません。

レバレッジを最大に引き上げたとしても6倍までにしましょう。

【関連記事】FX取引が危険といわれている理由 レバレッジをあげなければ大損しない!?

スプレッドコストに気をつける

3つ目に気をつけなければいけないことが、スプレッドコストです。

スプレッドとは売買の時に取られる売りと買いの間のコストですね。

FX会社の取引手数料が無料なのは、このスプレッドコストを顧客からもらっているからです。

FX会社によってはレート急変時や指標発表時にこのスプレッドコストを大ききく広げる業者も存在します。

このコストが広がるといくら取引で利益を上げたとしてもスプレッドコストでマイナスになってしまうことも十分に考えられます。

自分の注文がどのタイミングで約定し、どれだけスプレッドコストがとられたのかはしっかりと確認しておくようにしましょう。

【関連記事】FX取引におけるスプレッドってなに?知らないと損をするFX取引のスプレッドの仕組みについてわかりやすく解説!

まとめ

以上、FX取引を行う上で上記の3点はしっかりと認識し取引をするようにしましょう。

特にスプレッドコストとレバレッジさえ気をつければFX取引で再起不能まで大負けする事は無いはずです。

取引コストの削減とリスク管理は徹底的に行いましょう。

売買手法を知りたい方は下の記事を参考にしてください。

【関連記事】【売買手法】FXのエントリータイミングをわかりやすく解説!1時間足のブレイクを狙え!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です