初心者が株式運用で儲ける3つのコツを紹介!○○するだけで運用成績は上がる?

初心者でも株で儲けを出せる?

今回は初心者でも株式運用で儲けることができる「コツ」をお伝えしようと思います。

その「コツ」さえ掴めば初心者の方でも勝率が高まり、一獲千金とは言わないまでもある程度の儲けを出すことができるはずです。

是非実践してみてください。

初心者がやってはいけない投資法

「コツ」とは逆に初心者がやってはいけない投資法も存在します。

まずは初心者がやってはいけない投資法から見ていきましょう!

過度に儲けを出そうとしない

まず一つ目は、儲けを出そうと欲をかいてはいけません。

儲けようとか、損を取り戻そうといった感情があると、どうしても冷静な投資判断ができなくなってしまうのです。

儲けようと考えず、淡々と利益を出すのは非常に難しい事ですが、あからさまに感情で売買をするのだけは避けましょう。

なかなか自分の感情をコントロールするのが難しいという方は、下の記事を参考にしてください。

【関連記事】大損してしまうのはなぜ?大損してしまう3つの理由とは?負けないために気をつけるべき対策を紹介!

過度にレバレッジを効かせない

また過度なレバレッジを効かせてもいけません。

レバレッジとは自分の資金以上のお金で投資をする手法ですね。

株式投資では信用取引のことを指します。

FXなどをはじめてやる人は、ハイレバレッジで取引を行い一度の負けで再起不応まで大負けしてしまう傾向があります。

自分の資金のリスク量に見合ったレバレッジに設定し、最大でも3~5倍までに抑えるようにしましょう。

【関連記事】FX取引が危険といわれている理由 レバレッジをあげなければ大損しない!?

株式運用で儲ける3つのコツ

前置きが長くなりましたが、さっそく3つの「コツ」を紹介していきたいと思います。

小額から初めて相場観を養う

まず一つ目のコツは少額から投資を始め、ある程度の相場観を養うという事です。

ある程度の相場観がないと、ここぞという時に勝負できず、なにかしらのショックが起きた時に対応することができません。

いきなり大きな金額で大負けすれば、それだけでやる気がなくなり運用自体やめてしまうかもしれません。

よって今後株式投資を始める方は、最小限の金額からスタートし、徐々に金額を引き上げていくようにしましょう!

【関連記事】【初心者用】小額投資のはじめ方 10万円以下からのおすすめ資産運用法を3つ紹介!

毎月コツコツ積み立てる

もう一つのコツは毎月コツコツと積み立て投資をすることです。

この毎月積み立てるという手法は簡単に見えますが、非常に効果的で「ドルコスト平均法」として知られています。

ドルコスト平均法では、毎月決まった額を購入することにより価格が安いときには多く金融商品を購入することができ、逆に価格が高いときには少量しか購入しないため、平均的な取得額が分散されリスクを抑えて運用ができるという仕組みです。

毎月積み立てることにより、株価が下落した際の平均コストを引き下げる事ができるということですね。


参照:ダイヤモンド

ドルコスト平均法について、詳しく知りたい方は下の記事をお読みください。

【関連記事】FXでも使えるドルコスト平均法とは!?長期投資のおすすめ手法!

大型株ではなく小型株を狙う

3つ目のコツは大型株ではなく小型株を購入するということです。

実は大型株というのは値動きが小型株と比べて小さくなります。

利益を得るという観点で考えると大型株に投資するよりも小型株に投資した方が期待値が高くなるのです。

実際に小型株のパフォーマンスは大型株を上回るという事が、「ファーマフレンチの3ファクターモデル」などでも示されています。

良く知っている大型ではなく積極的に小型銘柄に投資するようにしましょう。

目安としては、時価総額が100億規模で、営業利益を毎年出し続けている企業がおすすめですよ。

自分で銘柄を選ぶのはちょっと怖いという方は、下の記事の投資法をおすすめします。

【関連記事】プロのファンドマネージャーが自己資金で行っている投資法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です