株式投資の空売りとは!?下げ相場でも使える空売りの仕組みをわかりやすく解説!

株式投資の空売りとは

株の空売りとは 株価を高いところで売り、安くなった時に買い戻すことで、儲けを出すという仕組みです。

「株 空売り 仕組み」の画像検索結果
参照:All about

例えば一株1000円の株を1000株売り、700円の価格で買い戻すことができれば、30万円の利益となります。

一種の信用取引ですね。

ただ多くの方が、空売りと聞いてもいまいちピンとこないかと思います。

ですので、今回はこの空売りの仕組みについて分かりやすく解説していきたいと思います。

下げ相場でも儲けるチャンスができれば、売買チャンスを増やすことができますので是非参考にしてください。

空売りの仕組み

証券会社から株を借りる?

株を売ることが空売りですが、その売却する株はどこにあるのでしょうか。

実は空売りで売却する株は証券会社から借りてくることになります。

下の図を見ていただけるとわかりますが、証券会社から株を借りるわけですからもちろん価格が下がれば証券会社側が損をすることになります。

「株 空売り 仕組み」の画像検索結果

参照:投資ライフ超入門

逆日歩には注意が必要

株価下落すると、投資家の人はプラスとなりますが、証券会社としてはマイナスの収益となってしまいます。

よって株価が下落しそうな銘柄に関しては、証券会社側は逆日歩という手数料をとることになります。

空売りをして利益をだしてもこの逆日歩が大きくなってしまっては元も子もないので、空売りをする際はこの逆日歩に十分注意するようにしましょう。

空売り比率に注目しよう

また空売りは証券会社から株を借り、売却するという仕組み上、最終的には証券会社に株を返還しなくてはいけません。

つまり株の返還ということは、株を買い戻すことになりますので、市場においては買い圧力が高まるということになります。

そこで空売り比率をみることにより売買戦略を立てることができます。

例えば空売り比率が高まれば、空売りの買い戻しが行われるため、相場に買い圧力がかかるのではないかという想定の元、自分もロングでエントリーするという方法などが考えられますね。


参照:https://nikkei225jp.com/data/karauri.php

まとめ

さて空売りについてその仕組みについて説明してきました。

投資というものは、買いエントリーしその上昇幅を狙うという方法以外にも様々なものがあります。

実際にあらゆる方法を駆使し、世界的に株価が大暴落したリーマンショック時に大儲けしたという人は数多く存在するのです。

【関連記事】リーマンショック級の世界恐慌でも儲ける人はいるの?下げ相場で儲ける3つの方法とは!?

下落相場で、なかなか買いからのエントリーで売買チャンスを見出すことが難しいという状況の時は、積極的に売りから入る売買手法に切り替えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です