日経新聞は電子版と紙面どっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを紹介!

日経新聞の購読方法は電子版と紙面の2つ

皆さんは日経新聞を読んでいますでしょうか?

おそらく現在働いているサラリーマンの方の多くが日経新聞を購読しているかと思います。

日経新聞を読んでいれば最低限のビジネスに必要な知識を得られるという点でも日経新聞は読むべきでしょう。

そんな日経新聞ですが、電子版と紙面、2つの購読方法があります。

どちらで読んだ方がいいか迷っている方もいるかもしれないので、今回は電子版と紙面のそれぞれのメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。

日経電子版の4つのメリット

それではまずは日経新聞のメリットについてみていきましょう。

日経新聞のメリットは4つあります。

どこでも見ることができる

まず一つ目のメリットとして、日経電子版はどこでも見ることができます。

例えば満員電車の中でも、紙面を広げ購読することは非常に難しいですが、電子版であればスンマートフォンを利用することで、手軽に見ることができます。

またちょっとしたスキマ時間にサクっと読めるのもポイントですね。

記事が常に更新される

日経新聞電子版は常に記事が更新されます。

紙面の場合だと夜中の3時ぐらいには書きあがっているので、NY時間の引けにかけて大きな出来事が起きたとしても紙面を更新することはできません。

方電子版であれば、記事の書き換えや更新がリアルタイムで容易にできるのです。

よって常に新しい情報を入手することができます。

加えてなにかしらの速報があれば、スマホのアプリで通知できる設定もあります。

情報の速報性が求めれられる現在、日経電子版は非常に重宝されるべきツールであるといえるでしょう。

紙面より値段が安い

これは割と大きなメリットとなりますが、紙面に比べて、日経電子版は値段が安くなります。


参照:日経新聞

宅配では4900円なので、毎月700円程安くなる計算です。

年間だと8400円程になるので、割と大きな支出の削減になりますね。

過去の記事も見ることができる

また、日経電子版では過去の記事を見ることもできます。


参照:日経新聞

上の画像の赤丸の部分に自分が調べたい検索キーワードを入力することによって、調べたい過去の記事やニュースを調べることができます。

加えて、過去の記事など保存し、自分が見たいタイミングで見ることも可能になります。

日経電子版のデメリット

紙に慣れた人にはしっくりこない

日経電子版に唯一デメリットがあるとすれば、新聞を読む際に紙に慣れていると多少の違和感があるということでしょう。

私も元は紙面で読んでいましたので、この違和感を強く持っていましたが、時間が経つにつれて慣れることができました。

よって電子版を使い続けていれば、大抵の人は慣れて違和感なく操作することができるようになるはずです。

紙面のメリット

一目で情報を把握できる

電子版のメリットについて紹介してきましたが、紙面のメリットは一目で情報を把握できることでしょう。

電子版に比べ、紙面自体が大きいため一度に目に入る情報量では、間違いなく紙面に軍配が上がります。

電車の中などでは購読することが難しくなりそうですが、土日にゆっくり家で新聞を購読するには紙面が適しているといえるでしょう。

紙面のデメリット

読む場所が限られる

紙面を見る際はどうしても大きなスペースをとってしまいます。

折って読むことも可能ですが、そうすると「一目で情報を把握できる」という紙面のメリットがなくなってしまいます。

逆に家でしか日経新聞を読まないという方には紙面での購読が向いているかもしれません。

日経電子版より高い

先程の例でも挙げたように、紙面はどうしても紙のコストと配送料のコストがかかる分高くなってしまいます。

少しでも購読料を抑えたいという方は日経電子版を使うようにしましょう。

まとめ

さて、電子版と紙面両方のメリットとデメリットについて紹介しました。

私個人としては日経新聞電子版をおすすめしますが、電子版と紙面の両方を契約し、家と外で使い分けるというのも一つの手段となるかと思います。(多少、お金はかかりますが、。。)

そこら辺は、ご自身の用途と好みで使い分けてください。

また下の記事で日経新聞の中でも見るべきポイントについてもまとめましたので是非参考にしてください。

【関連記事】日経新聞の活用法!見るべきポイントはたったの3つ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です