FXがゼロサムゲームと呼ばれている理由は!?必ず誰かが負けるのは本当!?負けないための3つの方法を紹介

ゼロサムゲームとは

FX取引はゼロサムゲームと呼ばれています。

ゼロサムゲームとは複数の取引参加者が取引をする中で、全員の損益の合計がゼロとなるような取引のことを指します。

つまり、誰かが儲かれば誰かが損をするような取引のことをいいます。

結論から申し上げると確かにFX取引はゼロサムゲームとなります。

今回はFX取引がゼロサムゲームとなる要因とゼロサムゲームにおいて、いかに負けないようにするかという方法について紹介していきたいと思います。

FXがゼロサムゲームなのは相対取引が要因

FX取引が相対取引と言われる大きな原因の一つにFX取引が相対取引だからという事があります。

相対取引とは、株式取引などのように取引所などを介さず、売り手と買い手が直接に取引することをいいます。

銀行対銀行、銀行対顧客といった1対1の取引でありFXであれば顧客対FX業者となります。

つまり顧客の損失はFX会社の利益となり、FX会社の損失は顧客の利益となります。

ただそうならないようにFX会社は顧客からもらった注文を銀行(インターバンク市場)に流します。

これをカバー取引というのですが、顧客からの注文を100%銀行に流すわけでなく、ある程度顧客から受けたポジションをFX会社で保有し、利益を上げることになります。

このことからもFX市場では誰かの負けは誰かの勝ちとなる点で大きな視点でみるとゼロサムゲームと言えるでしょう。

【関連記事】意外と知らない相対取引と市場取引(取引所取引)の違いとは!?FXは相対取引!

ゼロサムゲームで負けないための3つの方法

さてそれでは、このゼロサムゲームという危険なFX市場で負けないためにはどのよう事を知り、どのような事をすればよいのでしょうか。

ここでは最低限知っておいて欲しい3つのことを紹介します。

①ゼロサムゲームの仕組みを知る

まず一つ目はゼロサムゲームの仕組みを知るという事です。もう聞いたよと言われるかもしれませんが、重要なのでもう一度繰り返します。

FX市場では誰かが必ずババを引かなくてはいけません。

そうならないための相場経験や、経済の知識を常日頃から身に着ける努力が必要になります。

そのような努力を怠るとビギナーズラックで勝つことがあっても、最終的には今まで稼いだ分の利益をすべて吐き出してしまうことになります。

FXで取引をする際は、自分はいつ負けてもおかしくないという事だけ認識し、取引するようにしましょう。

②相場における人間の心理を理解する

二つ目は相場における人間の心理を徹底的に理解することです。

基本的に相場で勝てていない人というのは損切りができません。損切りができないのはそれなりの理由があり、その心理を事前に知っておく必要があるのです。

なかなか損切りするのが難しいという方は、下の記事を参考にしてください。

【関連記事】プロスペクト理論とは!?投資で損切りができない心理を解説!

➂チャンスがある場面だけ勝負する

三つ目はチャンスがある場面だけ勝負するという事です。

勝てていない人はポジポジ病の人が非常に多いです。ポジポジ病とは常に勝負し続けなければ落ち着かず、24時間ポジションを持ち続けてしまう人の事をいいます。

FX市場は土日以外の月曜日から金曜日は市場が開いているので、ポジポジ病になってしまった人は優位性がない場面で何度も取引を繰り返してしまうのです。

しかしFX市場においてはチャンスが常にあるわけではありません。

取引時間帯毎に特徴があり、勝ちやすい場面と勝ちにくい場面があるのです。

取引時間帯毎の特徴を知らなかったという方は、この機会に取引時間帯ごとの特徴を理解しましょう!

【関連記事】おすすめのFX取引時間は!?東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間の違いを解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です