FX取引でのポジポジ病を治すためのおすすめ対策を紹介!

FX取引におけるポジポジ病とは

ポジポジ病をご存知ですか?

ポジポジ病とは常にポジションを保有していないと気がすまないという初心者トレーダーにありがちな行為です。

ポジポジ病の例

例えば現在ロングポジションを持っっていた場合、ある程度下落したら損切りするので逆指値を入れますよね?

逆指値で損切りした場合、次のトレードチャンスが来るまで「待つ」のが本来の正しいトレード手法です。

しかしポジポジ病の方は、負けを認められないため即、なんの考えもなくポジションを持ち始めてしまうのです。

24時間取引ができるFXにおいて、常にポジションを持ち続けるという行為は非常に危険です。

心当たりのある方は今すぐにポジポジ病を治しましょう!

ポジポジ病の治し方

人間の相場心理を知る

まずポジポジ病に悩まされているという方は、トレードにおいて人間は負けを認められず、損切りしたくないというバイアスがかかってしまうということを認識しましょう。

つまり負けを取り返そうと常にポジションを取り続けるという事は自然の行為だということです。

こういった認知的なバイアスが自然に働いてしまうものだと知る事で、冷静な判断を下す事が出来るようになります。

このような認知的バイアスの事をプロスペクト理論と言いますが、詳しくは下の記事を参考にしてください。

【関連記事】プロスペクト理論とは!?投資で損切りができない心理を解説!

相場経験を積む

また相場経験を積むという事も効果的です。

結局、ポジポジ病の人はトータルでは勝つことができないので、負け続ける事になります。

負けを繰り返すうちに常にポジションを持ち続けるのは、よくないのでは?と考えるようになります。

正に私はこのパターンで痛い思いをしましたが、現在では二度とポジポジ病に悩まされる事はありません。

何度も何度も勝ち負けを繰り返し経験を積みましょう。

その際はレバレッジを低めに設定し、一度の大負けで資産の大半を削られないように注意する事が大切です。

【関連記事】FX取引が危険といわれている理由 レバレッジをあげなければ大損しない!?

売買記録を付ける

また負けトレードの売買記録をつける事も非常に重要です。

人にはそれぞれ負けパターンがあり、あなたがポジポジ病が要因で負けているとするならば、売買記録をつける事でその事実を把握する事が出来ます。

何度も同じ事を繰り返してしまうという人は、この事実を把握するという事が出来ていないということなので、売買記録をつけこの事実を視覚化しましょう。

具体的にはEvernoteを使った手法がおすすめです!

売買記録の付け方が分からないという方は、下の記事を参考にしてください。

【関連記事】Evernoteを使っての株、FX取引の売買記録方法を紹介!

まとめ

ポジポジ病はなんの対策もしなければ治りません。

今現在勝てないという方は少なからず何かしらの対策をする必要があるのです。

自分の弱点に目を背けずに向き合い、冷静な投資判断が下せるようになりましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です