配当金で安定して儲かる銘柄の3つの特徴とは?おすすめ配当銘柄も紹介!

配当金の収益で儲けるために

株式投資で収益を得るにはキャピタルゲイン(差益収益)とインカムゲイン(配当収益)の2つがあります。

今回はインカムゲインに絞って、配当金で儲けやすい銘柄の3つの特徴を紹介していきたいと思います。

安定して配当金で儲かる3つの特徴

①値動きが安定している

まず1つ目の特徴が「値動きが安定している」という事が絶対条件となります。

配当メインで株を購入する場合、株価の変動を気にしてはいけません。

いくら配当をもらおうと、株価の下落で配当分、もしくはそれ以上の損失を出してしまう可能性があるからです。

景気動向に左右されず比較的業績と株価が安定しているディフェンシブ銘柄を探しましょう。

②割安銘柄

2つ目の特徴が割安銘柄です。

配当を目当てで株を買う場合、株価自体の値下がりに注意しなければいけません。

よって値下がりしにくい割安銘柄を買うようにしましょう。

目安としてはPBRが1倍を切っている銘柄がおすすめです。

➂配当性向が高い

3つ目の特徴が配当を毎年出しており配当性向が高い銘柄です。

配当性向とは会社の利益をどれぐらいの割合で株主に配当として還元しているかという指標になります。例えば会社の利益が100万で配当金が30万であれば別だけどその会社の配当性向は30%となります。

多くの企業は20~30%ですが、中には50%を超える銘柄もあります。

①と②の条件を満たしつつ50%以上の配当性向で配当を出している企業を見つけましょう。

まとめ

以上、配当で儲けやすい銘柄の特徴を紹介しました。

なかなか①、②、③すべての条件を満たす銘柄を見つけるのは大変かもしれませんが、そういった銘柄を探す作業も「投資」です。

焦らず、時間をかけ、自分が納得できる銘柄を探しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です