【解説】NISA口座とは 毎年120万円で非課税投資

NISAとは

NISA口座とは正式名、少額投資非課税制度といいます。簡単にいうと株式投資で儲けた利益について税金を支払わなくてもよいという制度です。

貯蓄から投資へといった流れを作るために作られた制度です。
NISA以外にも積み立てNISAやジュニアNISAなどもあります。

積み立てNISAとは 詳しくはコチラ
ジュニアNISAとは 詳しくはコチラ

NISAのメリット

  • 利益に対して20%の課税が非課税になる
  • 配当も非課税になる
  • ロールオーバーできる

利益に対して20%の課税が非課税になる

現在株の値上がり益や配当には20%の税金がかかってきます。例えば100万円分株式を購入し200万円になったとします。その株を売却した際には当然100万円分の利益を確定させることになります。その確定の際に20%の20万円は税金で納めなくてはいけません。

特定口座の場合、税金は利益確定の段階で証券会社から徴収されます。しかしNISA口座であればその利益の20万円は差し引かれることはありません。

つまり非課税になるわけです。そしてNISAの枠は年間で120万円と決まっています。
毎年120万円分の株式については非課税枠を貰えるということになります。

配当も非課税になる

加えてNISA口座で保有している配当に関しても非課税扱いとなります。
5年間の非課税期間があるので、5年間配当金が非課税だというのはうれしいですね。

ロールオーバー

5年経つと期限が切れた分の枠をロールオーバーすることができます。(下図)

参照:金融庁

私自身は5年間保有するということはせず、毎年枠が追加された際に株を買い、年末までで利益が出たら売り、横ばい又は下落しているようであればホールドし続けるという運用方法にしています。

そして年が明けてまた新たな枠が追加された際割安の銘柄を買うようにしています。デイトレードのような事もしたいのですが、サラリーマンであるが故に相場に張り付くわけにもいかずこのNISAを使った長期投資が丁度いいです。

NISAの注意点

  • 証券口座は一つだけ
  • 特定口座と損益通算ができない
  • 配当は証券口座に入金しないと非課税にならない

証券口座は一つだけ

NISAは1つの証券口座でしか開設する事ができません。

口座移行する場合は割と手間暇かかります。
投信などの商品ラインナップが少ない会社でNISAを開設してしまうと投資対象を極端に絞ってしまうことになりかねないので注意が必要です。

特定口座との損益通算ができない

NISA講座は特定口座と合わせての損益通算ができません。
特定口座とはNISA以外の普通に課税される口座のことです。

特定口座は特定口座内での損益通算となるので注意しましょう。

またNISAの枠は1度株を買って売却してしまうとその年は使えなくなってしまうので短期売買でNISAを使うのではなく、できる限り長期保有でNISAを使うようにしましょう。

配当は証券口座に入金しないと非課税にならない

これは本当に注意が必要です。
証券会社で設定しなければ配当は配当金領収書というものが送られてきます。

それを郵便局にもっていき配当(現金)と変えてもらいます。

しかしその場合だと課税されてしまうのです!
証券口座に入金することでその課税を逃れることができます。

証券口座への入金方法は各証券会社で異なるので、各社のHPで設定の仕方を調べて、配当金は証券会社に入金されるようにしましょう。

NISAの商品ラインナップ

投資信託等の商品もNISAで買えますがあまりお勧めしません。
店頭の証券会社(ネット証券でない店舗がある証券会社)では大体の投資信託の購入手数料は3%です。

これに加えて大体1%の信託報酬がかかってきます。信託報酬とは投資信託をプロに運用してもらうための維持管理費のようなものです。これらを含めると初年度で年4%のコストがかかってくるわけです。

それだったら東証一部の個別株を分散させて持った方が儲かる期待値は高いです。もしNISA口座で投資信託を買おうか悩んでいる方がいたらこの運用コストも考えた上で購入することをお勧めします。

また昨今ではファンドラップ等の新しいサービスなども開始されたので、自分の好みの運用スタイルで運用してほしいという方はこちらも見てみるといいかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です