銀行や証券会社が倒産した場合、買った投資信託はどうなるの?

銀行や証券会社が倒産した場合、買った投資信託はもどってくる?

もし投資信託を取り扱う会社が破綻してしまった場合、買った投資信託はどのようになるのでしょうか?

もしかしたらなくなってしまうのではないかと思っている方も中にはいるかもしれません。

結論からいうと買った投資信託は証券会社が倒産したとしてもなくなったり、それを理由に元本が毀損することはありません。

今回は投資信託が保障される仕組みについて説明していきたいと思います。

投資信託は「信託銀行」に保全される

販売会社が破綻した場合

投資信託で銀行が預かったお金は信託銀行に移されます。販売会社である銀行や証券会社がお金を持つことはありませんので、仮に破綻したとしても我々が購入する投資信託は安全に守られることになります。

もし破綻した場合は保有している投資信託を別の販売会社に移動させ、売買を続けることができますので安心してください!

運用会社が破綻した場合

それでは投資信託を運用する運用会社が破綻した場合はどうでしょうか?

実は運用会社は投資信託の運用方針を決めるだけであり、実際にお金を預けるわけではありません。繰り返しになりますが、あくまでも投資信託の資金は信託銀行に預け入れられます。

よって仮に運用会社が破綻した場合は、その運用は別の運用会社に引き継がれるか、繰上償還されることになります。

ですので、運用している投資信託がなくなるということはありませんよ。

信託銀行が破綻した場合

では投資信託の置きどころである信託銀行が破綻した場合はどうなるのでしょうか?

信託銀行に投資信託は置かれているのだから、信託銀行が破綻したら投資信託もなくなってしまうのではないかと思われる方もいると思います。

実は法律により投資家から預かったお金は信託銀行自身が持つ財産と分けて管理することが義務付けられています。

これは「分別保管」といわれるものになりますが、この法律により信託銀行が預かった我々のお金が信託銀行の破綻により影響を受けることはありません。

まとめ

以上をまとめますと投資信託は銀行や証券会社などの販売会社含め、運用会社や保管先の信託銀行の破綻による影響を受けないことが分かったかと思います。

また預金のように1000万円と利息までの保障といった制限もありませんので、投資信託に関しては預け入れた資産の消失を気にする必要はないといえますね。

むしろ銀行預金の保障は1000万円までなので、投資信託よりも銀行が破綻した場合の預金を心配した方が良いかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です