【初心者向け】株式の買い方!株を買う判断基準とは PER(株価収益率) EPS (一株当たりの利益)ってなに?

株を買う基準って?

皆さんは実際に株を買う際に、どういった基準で株式を買っていますか?

もちろん自分が好きな企業、知っている企業を買うといった方法もありますがその株価が割安か割高かといった判断基準を元に株を買う方法もあるのです。

やはり物を買う時でも割安な時に買いたいですし、割高なものだとちょっと買うのをためらってしまいますよね。

今回は株式を買う上で、割安か割高かの目安になる指標についてお話していきたいと思います。

指標を使おう!

株式投資において基本となるのが指標です。

PER、EPS、PBR、配当性向などそういった用語を一度でも聞いたことはあるのではないでしょうか?

英字でちょっと敬遠したた人もいると思います。
私がそうでしたので^^;

今回はそう言った人のためにまずはPERとEPSについて紹介していきたいと思います。

EPS、PERとは 割安な銘柄を買ってみよう

  • EPS(一株当たりの利益)
  • PER(株価収益率)

EPS(一株当たりの利益)とは

EPSとはEarnings Per Shareの略で、一年間の当期純利益を発行している株数で割った金額のことです。

言葉通り1株がどれだけの価値を生み出しているのかを表す指標になります。

ちょっと分かりづらいので例で説明します。
ここにある企業Aが存在します。

ある企業Aの一年間に生み出した当期純利益は100万円だと仮定しましょう。

そしてその企業の総発行株式数は100株だとします。
EPSの求め方は一年間の当期純利益を発行している株数で割った金額ですよね?

よって100万/100株=1株1万円

つまり企業AのEPSは1万円ということになります。

PER(株価収益率)とは

PERは株価収益率といいます。
簡単に表すと今の株価はEPS(一株当たりの利益)の何倍かということを表す指標になります。

単位は~倍です。一株当たりの利益に対して何倍買われているかを表しています。

ちなみにこのPERの倍率が低ければ割安で高ければ割高ということになります。
ただPERの値だけをみても低い高いというのは分かりません。

日本の企業のPERの平均はだいたい15倍前後とされていますが、実際にPERで株が割安かどうかを調べるためには、同じ業界の企業同士を比較するようにしましょう。

IT企業などではPER80倍など他の業種と比べても参考にならない業種の企業もあるので業界内での比較が無難なのです。

下の図は自動車会社のPERをまとめたものです。

PER18倍のスズキが買われすぎでPER8.8倍の日産自動車が割安ということができます。

例えばPERが割安な日産自動車を買い、スズキを売るといった手法はロングショート戦略といいヘッジファンドなどがよく使う手法となっています。

意外にファンドなどもシンプルな手法で運用しているんですよね。

まとめ

今回はどのように株式を買うかといった判断基準を紹介させてもらいました。

しかしながらPERなどの指標で選んだからといってその株が絶対に割安、割高といった正解は誰にもわかりません。

いくらPERが割高でも市場の期待によって更なる買いが入る銘柄もあるからです。
つまり市場は合理的ではないということですね。

よってこの指標だけで投資判断するのではなく、あくまでも一つの目安として参照にしてみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です