NISAとつみたてNISAどっちがいいの?人によってどちらが向いているか違いをわかりやすく紹介!

NISAとつみたてNISA

みなさんはNISA口座とつみたてNISAをご存知ですか?

そもそもNISA口座とは投資における利益を非課税にすることが出来る制度ですよね!

【関連記事】NISA口座とは 毎年120万円で非課税投資

今回はその中でも「NISA口座」と「つみたてNISA」との違いと、どのような人がどちらの投資方法に合っているかということを紹介していきたいと思います。

つみたてNISAについては下の記事を参考にしてください。

【関連記事】積み立てNISAとは 年間非課税枠40万円でコツコツ積み立て投資

NISAとつみたてNISAの違い

1番の違いは年間非課税枠がNISAが120万円、つみたてNISAが40万円となっているところです。

加えてNISAが株式投資を行えるのに対して、つみたてNISAは金融庁が定めた投資信託とETFにしか投資することができません。

NISAに向いている人

多少リスクを取ってもリターンが欲しい

NISAはつみたてNISAと比べて大きな額で運用することができます。

その分リスクも大きくなりますが、大きなリターンを狙うことが出来ます。

多少リスクをとってもリターン欲しいという方はNISAで運用しましょう。

株主優待をもらいたい

株主優待が欲しいという方はNISAで運用しましょう。

というのもつみたてNISAは株式を買うことができないので、株主優待が欲しい場合はNISA口座で買う必要があります。

つみたてNISAに向いている人

安全に運用したい

リスクを最小限に抑え気軽に始めたいという方にはつみたてNISAがおすすめです。

また積み立てるという投資手法は簡単ですが、実は1番リスクを抑えた資産構築に繋がります。

つみたて投資のメリットについては詳しくは下の記事を参考にしてください

【関連記事】リスクの低い投資方法! FXでも使えるドルコスト平均法とは!?

大きな金額はちょっと恐い

大きな金額での運用をしたことがないという方は、数十万円の投資をいきなりするのは難しいかもしれません。

そのような方はまずは月々数万円のつみたて投資をNISAではじめましょう。

月数万円であればそこまで抵抗なく運用をはじめることができるのではないでしょか。

そもそも元手が少ない

そもそも元手がないという方はつみたて投資が向いています。株を買うにしても100株単位ですと数十万円するので自己資金が少ないとそもそも投資すらできません。

しかしつみたてNISAであれば投資対象がETFや投資信託となりますので、数万単位で投資することがあります。

毎月給料日に天引きにするれば着実に資産を築き上げることができますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です