【初心者向け】テクニカル分析とファンダメンタル分析はどちらがいいの?2つの違いと有効性は?

テクニカル分析とファンダメンタル分析

今回はテクニカル分析とファンダメンタル分析についてそれぞれの特性や違いについて説明していきます。

投資をする上でどちらの分析が自分に合っているかという判断をなるべく早い段階で行うようにしましょう。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは株や為替の値動きを表したチャートに基づいて未来を予測し売買を行う手法です。

チャートのパターンや形、オシレーター系やトレンド系のテクニカル手法を用いて次の値動きを予測するのです。

経済情勢などのファンダメンタル的な要素によって売買判断を下さずに、あくまでもチャート上の「値動き」に集中する手法となります。

テクニカル分析の基本をもっと知りたい方は下の記事を参考にしてください。

【関連記事】【テクニカル分析】株、FXのチャートの見方をわかりやすく解説!!ローソク足って!?

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析は経済を大きな視点で俯瞰して見ることにより未来を予測する手法です。

特に株式投資においては企業業績や、金利、経済状況などを加味しファンダメンタル分析が用いられることが多いです。

逆に為替ととなると様々な要因がファクターとなってしまうのでファンダメンタル分析での予想が困難になってしまうという特徴があります。

テクニカル分析とファンダメンタル分析どちらがいいの?

テクニカル分析とファンダメンタル分析、どちらの分析がいいのかは売買する取引期間によって異なります。

短期で運用するならテクニカル分析

短期売買は瞬間瞬間の値動きに対応し売買を繰り返す手法です。よって値動きのみにフォーカスしているテクニカル分析との相性が良くなります。

短期投資(デイトレや数日間の取引)をする際は、テクニカル分析を使いましょう。

長期で投資するならファンダメンタル分析

長期で投資する場合はファンダメンタル分析がおすすめです。ファンダメンタル分析は企業の財務状況や業績、PERやPBRなどの指標に基づいて売買決定をします。

それら企業の業績などの指標は短期間では値動きに現れません。じわりじわりと業績が上がり、時間が経ってから株価が上昇することとなります。

よってファンダメンタル投資では1ヶ月から1年以上の長期スパンでの投資が向いているのです。

自分の特性に合った手法を使おう

人によって売買手法にも好みがあります。短期売買が好きな人もいますし長期投資が好きな人もいます。

結局ストレスフリーで実行できる自分に合った売買手法が一番なので、自分の特性を良く把握した上で自分に合った売買手法を構築しましょう。

あなたは短期投資と長期投資どちらが好きですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です