【独身向け】家賃を安く抑えるおすすめ方法を5つ紹介!固定費を削って貯金をしよう!!

家賃は出費で一番大きな支出

家賃は毎月の生活費の中で一番大きな出費になるかと思います。

今回は家賃の出費を少しでも安く済ませる方法を紹介していきたいと思います。

見栄を捨てればお金は貯まる

毎月貯金ができないと言う方は、大抵自分の身の丈に合っていない場所に住んでるケースが多いです。

高額な固定費が毎月の家計を圧迫してしまっているんですね。

これらは全て世間体を気にしてランクの高い住宅に住んでいる事が原因です。

良いところに住むのが夢だという方は止めませんが、少しでも将来のためにお金を貯めたいという方は少しでも安い所に引越しするべきでしょう。

固定費を極限まで抑えるべき理由

固定費を極限まで抑えればその資金を運用に回すことができます。

浮いたお金で資産を形成すれば将来的に大きなキャッシュフローを生み出せる資産となっているかもしれません。

毎月毎月は小さな積み重ねですが、時間をかけることで大きなリターンとなります。

無駄な固定費という出費を極限まで抑えて毎月浮いたお金を将来へ積み立てていきましょう。

家賃を安く抑える5つの方法

それでは早速家賃を抑える5つの方法を紹介したいと思います。

都内ではなく地方に住もう

家賃を安くする一つ目の方法は都内ではなく地方に住むことです。元々地方住みの方は良いですが、職場が都内で家も都内にしているという方は一度、地方を見てみることをおすすめします。都内近辺であれば新宿や池袋に30分程で出ることも可能です。

都内では1kで8~9万の家が埼玉、神奈川、千葉辺りだと5~6万で探すことができます。

確かに通勤という面では大変になりますが、地方で5万円の家に住めば月に3万円を貯金することができます。

年間で36万円、10年間で360万円貯まる計算になります。さすがに10年住もうとは言いませんが、短期的にでもお金を貯めたいという方は地方移住を検討してみてはどうでしょうか。

家賃が安い時期を狙おう

実は月によって家賃は異なります。多くの人が就職や転勤、入学などで移動する2~3月期の間は家賃設定が高くなっています。

逆に引越しシーズンが一段落した4月以降ですと徐々に家賃相場も落ち着いてきます。10月辺りになっても入居者が入らない物件に関してはオーナーが家賃を更に引き下げて物件を出すようになります。

安い物件を狙うとしたら4月以降を狙いましょう。

駅近はあえて避けよう

やはり駅が近いと家賃が高くなります。たいした物件ではないにも関わらず、駅が近いというだけでいい値段になっている物件が数多く存在しています。

逆にいい物件なのに駅から遠いというだけで安く放置されている物件も多数存在しているのです。

毎日通勤で駅まで歩くということは一種の健康のための運動と考えてなるべき駅から離れた場所に住みましょう。目安は駅から歩いて10分~15分程です。

家賃交渉をしよう

家賃交渉は必須となります。営業マンには必ず家賃を少し引き下げてくれないかオーナーに頼んでもらうよう交渉しましょう。

これも繁忙期の2~3月となると家を借りたい人の方が多いので、家賃交渉をする際は繁忙期ではない4月以降を狙いましょう。

リノベーションマンションを狙おう

リノベーションマンションとは築年数が古いマンションやアパートを改築し新しくしたものです。見た目は新しいのですが、築年数が長いため安く放置されており正に穴場物件となっています。

築年数が長いとしてもリノベーションマンションであれば検討してみましょう。

まとめ

以上家賃を下げる5つの方法を紹介しましたがどうでしょうか?

こんな「けち臭い」ことをしたくないという方もいるかもしれません。しかしある程度の資産を築く過程でこのような「けち臭い」行動を積み重ねていかなければ資産を築くことはできません。

確かに一攫千金でお金持ちになる人たちも世の中には一部存在します。しかしそれは本当に限られた人になるので、それ以外の大半の人が資産を築くためには堅実にコツコツと積み上げていくしか方法はないのです。

こういった一つ一つの積み重ねを大切にしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です