【解説】ふるさと納税とは 全国のおいしいものをタダでもらえる?

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体に寄附ができる制度です。寄付を行うと金額に応じて所得税と住民税の還付を受けることができます。

「ふるさと」という名前が付いているからといって必ずしも自分の出身地に寄付しなければいけないというわけではなく、自分が寄付したい自治体を選んで寄付することができます。

私も一昨年から始めていますが、毎年年末になると何を頼もうかわくわくしています。

またふるさと納税の返戻金は送付先を自宅以外に設定できるため、遠くに住んでいる親や親せき兄弟などに送ってあげるると割と喜ばれますよ。

ふるさと納税のポイント

  • 寄付した地域のお礼をもらうことができる
  • 確定申告をして税金の還付と控除を受けることができる
  • 自分が応援したい自治体を応援できる
  • ワンストップ特例で確定申告が不要に

寄付した地域のお礼をもらうことができる

一番のポイントが寄付した地域の名産品をもらうことがでることです。私は去年米とお肉とお酒を頼みましが、まだ食べたことのない名産品を選ぶのは非常に楽しいですよ。

ただ人気の自治体の返礼品はすぐに終わってしまうこともあるので気になる自治体があったら早めに申し込みをするようにしましょう。

確定申告をして税金の還付と控除を受けることができる

ふるさと納税では合計寄附額から2,000円を引いた額について所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

例えばふるさと納税を5万円寄付したとします。
するとお肉やお酒などの返礼品が貰える上に2000円を引いた48000円が戻ってくることになります。

所得税に関しては還付で、住民税に関しては控除になります。

また年収や結婚しているか子供の有無などによって控除額が変わってきます。

るさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦 共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000 19,000 19,000 15,000 11,000 7,000
325万円 31,000 23,000 23,000 18,000 14,000 10,000 3,000
350万円 34,000 26,000 26,000 22,000 18,000 13,000 5,000
375万円 38,000 29,000 29,000 25,000 21,000 17,000 8,000
400万円 42,000 33,000 33,000 29,000 25,000 21,000 12,000
425万円 45,000 37,000 37,000 33,000 29,000 24,000 16,000
450万円 52,000 41,000 41,000 37,000 33,000 28,000 20,000
475万円 56,000 45,000 45,000 40,000 36,000 32,000 24,000
500万円 61,000 49,000 49,000 44,000 40,000 36,000 28,000
525万円 65,000 56,000 56,000 49,000 44,000 40,000 31,000
550万円 69,000 60,000 60,000 57,000 48,000 44,000 35,000
575万円 73,000 64,000 64,000 61,000 56,000 48,000 39,000
600万円 77,000 69,000 69,000 66,000 60,000 57,000 43,000
625万円 81,000 73,000 73,000 70,000 64,000 61,000 48,000
650万円 97,000 77,000 77,000 74,000 68,000 65,000 53,000
675万円 102,000 81,000 81,000 78,000 73,000 70,000 62,000
700万円 108,000 86,000 86,000 83,000 78,000 75,000 66,000
725万円 113,000 104,000 104,000 88,000 82,000 79,000 71,000
750万円 118,000 109,000 109,000 106,000 87,000 84,000 76,000
775万円 124,000 114,000 114,000 111,000 105,000 89,000 80,000
800万円 129,000 120,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000

参照:総務省HP

自分が応援したい自治体を応援できる

この寄付金は使い道が指定できます。

例えば子供の教育に使うとか、地域の発展のために使うとかそういった指定ができるので自分がどこの何に寄付したのかといった具体的なイメージを抱きながら地域に貢献することができます。

お礼ももらえて地域の役に立てる!正に一石二鳥です!

ワンストップ特例で確定申告が不要に

少し前まではふるさと納税をするためには確定申告が必要でした。

しかし現在ではワンストップ特例制度が設けられ、確定申告をしなくてもふるさと納税の寄付金控除を受けられるようになりました。多くの人にとってふるさと納税に対する敷居が低くなったわけですね。

ワンストップ特例の注意点

とっても便利なワンストップ特例ですが注意する点があります。

なんと寄付する自治体は5つまでと決まっているのです。6つ以上の自治体に寄付したいと考えている方は確定申告が必要になってきます。

確定申告を行ってしまった場合は、ワンストップ特例制度を申し込んでいたとしても控除は無効になってしまいますので注意しましょう。

まとめ

ふるさと納税がとても良い制度だなということが分かってもらえたかと思います
強いてデメリットを上げるとするならば、手続きに少なからず時間が掛かるということでしょうか。

ただ今は先程も言ったように確定申告なしで寄付をすることができるようになったので、手続き自体も昔に比べて楽になっています。

まだ寄付したことがないという方は今年のふるさと納税、是非検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です