【お得】新生銀行がATM出金手数料を有料化!今後も手数料無料で使う方法を紹介

新生銀行のATM手数料

2018年10月から新生銀行のATMが有料化

2018年から新生銀行のATMが有料化されました。今までは何度引き出しても無料だったのですが1回の引き出しに108円かかるようになってしまいました。

新生銀行が2001年以来掲げてきた「ATM無料」の旗を降ろす。10月にも有料化し、利用者から1回の現金引き出しにつき、108円受け取る。

引用:日経新聞

しかし特定の条件を満たせば、10月以降からも手数料無料でATMを利用することができます。今回は10月以降も新生銀行のATMを無料で利用する方法を紹介したいと思います。

ATM有料化になった理由

そもそも新生銀行がATMを有料化したのはなぜでしょうか?。

結論から言うと日銀のマイナス金利政策による銀行収益の悪化です。

日銀のマイナス金利政策などで収益を圧迫される中、新生銀の顧客が他行のATMを使った場合に生じる手数料を負担するコストを減らす。ネット取引や電子マネーの普及に伴い、「ATM無料」の魅力が薄れてきた面もある。

引用:日経新聞

新生銀行に限らず銀行業界はメガバンクから地方銀行まで経営が苦しい状態なのです。株価も冴えない状態で、地方銀行においてはPBRが0.5倍程で推移しています。

銀行業界の現在について更に知りたい方は下の記事を参考にしてください。

銀行株が軒並み下落している理由は3つ!今後銀行の成長性はない!?

新生銀行のATM出金手数料を無料にする方法

ATMを使う人のイラスト

それではATMの出金手数料を無料にする方法をみていきましょう。

新生ゴールドにステップアップすると無料になる

新生銀行はATM有料化に伴ってステージに応じ手数料が変わる制度に改定されました。


参照:新生銀行

上の図のようにスタンダードステージの方は一回のATM利用に108円(税込み)かかりますが、それ以上のゴールドステージとプラチナステージの方はATM手数料が無料になるのです。

つまりステージを上げれば今までのような無料サービスを受けることができるのです。

ステップアップする方法は5つ

参照:新生銀行

◆ステップアップする方法一覧

  1. 積み立て投資をする
  2. 預金の残高を増やす
  3. 投資商品を買う
  4. クレジットカードを申し込む
  5. プリペイドカードにチャージする

①積み立て投資をする

月5000円~1万円の積み立て投資を行うとゴールドステージになることができます。

積み立て投資対象は投資信託外貨積み立てパワービルダーなどです。この機会に積み立て投資を始めていみるもいいかもしれません。

②預金の残高を増やす

新生銀行の預金が月間平均残高で合計100万円以上あるとゴールドステージになることができます。ある特定の日時に100万以上ではなく、月間平均で100万円以上なので注意しましょう。

➂投資商品を買う

新生銀行経由で以下の商品を30万円以上買うとゴールドステージになることができます。

  1. 外貨普通預金
  2. 二週間満期外貨預金
  3. 外貨定期預金
  4. 投資信託
  5. 仕組み預金
  6. 保険商品

④クレジットカードを申し込む

参照:新生銀行

新生アプラスゴールドカードのクレジットカードを申し込み、、27日の引き落とし金額が1円以上あるとゴールドステージになることができます。

初年度の年会費は無料ですが2年目以降は年会費がかかります。カードを発行するのはメインのカードとして使う場合のみにしましょう。

⑤プリペイドカードにチャージする


参照:新生銀行

前月21日~当月20日までに、プリペイドカード GAICAに日本円で10,000円以上入金するとゴールドステージになれます。

ただしパワーフレックス口座からチャージする必要があるので注意しましょう。

ゴールド、プラチナステージになると6つの特典


参照:新生銀行

ステージを上げるとATM利用無料意外に上図の様々な特典を受けることができます。特に他行宛の振込手数料が無料になるのはありがたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です