日本の年金制度の仕組みをわかりやすく解説!免除申請の基準や期間は?

日本の年金制度

日本の年金制度は三段階で構成されている

日本の年金制度は3つの年金から構成されおり一般的には「三階建て」と呼ばれています。

一階部分として、20歳以上の全国民が加入する国民年金があります。これは、加入期間の長さによってもらえる金額が決まる仕組みで私たち日本国民すべてに加入義務があります。

長い期間支払わないと資産を差し押さえられてしまうこともありますのでしっかりと払いましょう。

二階部分はサラリーマン・公務員等が加入する厚生年金保険と自営業者・フリーランスが加入する国民年金基金があります。厚生年金保険は強制加入となりますが、国民年金基金の加入は任意となっています。

そして三階部分は確定拠出年金は企業が拠出する(お金を出す)タイプのものを企業型確定拠出年金といい、個人が自分で拠出するものを個人型確定拠出年金(ideco)といいます。

確定拠出年金について詳しく知りたい方は下の記事を参考にしてください。

確定拠出年金(401K)ってなに?わかりやすくメリットとデメリットを解説!idecoとの違いは?

年金の支給年齢は65歳以上から

現在の年金支給年齢は60歳以上となっています。以前は60歳以上だったのですが、少子高齢化による国の財政難により支給年齢が引き上げられました。

定年延長という社会的な流れからも分かるとおり今後も支給年齢の引き上げというのは十分に考えられます。

国民年金

国民年金は日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入することになっている保険料のことです。

どうせもらえないから払いたくないという理屈が通じないところが厳しいところです。。

毎月いくら払うのか

平成30年度(平成30年4月~平成31年3月まで)は月額16,340円です。
国民年金の保険料は、毎年度見直しがおこなわれており現在は支払額が毎年上昇している状態となっています。

平成25年度 15,040円
平成26年度 15,250円
平成27年度 15,590円
平成28年度 16,260円
平成29年度 16,490円
平成30年度 16,340円

今後も少子高齢化の影響から支払い保険料の上昇が見込まれています。

国民年金は免除となる場合がある

すべての人が払わなければいけないといっても生活に余裕がなく、支払うことが難しい人は免除となり、状況に応じて全額免除・半額免除・1/4納付・3/4納付の免除を受けることができるのです。

免除対象者は所得が少ない人・失業した人・学生となります。

国民年金が全額免除になった場合でも、将来半額は受け取れるようになっているので該当する場合は必ず申請しましょう。

学生の場合は、学生納付特例制度を利用することにより在学中の保険料の納付が免除されます。

この制度も学生だから自動で免除されるというわけではなく、在学証明書など学生であることの証明と申請が必要になるので注意しましょう。

過去の未納分は後から支払うことができる

もし過去に未納がある場合は、国民年金の納付期限から2年1ヶ月以内でしたら遡って保険料免除の申請をすることができます。

過去に申請していない保険料がある場合は、未納だと将来は全く年金を受け取ることができないので、できる限り免除の申請を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です