【お得】電車の通勤定期券は6ヶ月まとめて買うとお得!払い戻しも可能でクレジットカード払いではポイントがもらえる!

電車の通勤定期は6ヶ月分まとめて買おう

今回は通勤定期のお得な買い方について紹介したいと思います。結論から言うと通勤定期は6ヶ月分まとめて買うとかなり安く買うことができます。

月の5,000円以上通勤定期代を支払っている方は6ヶ月でまとめて支払うようにしましょう。

6ヶ月でどれだけお得?

さて、それでは実際に6ヶ月支払いにすることでどれだけお得になるのでしょうか?

例えば横浜から東京へ通勤する場合を考えてみましょう。


参照:Navitime

6ヶ月分一度に買うと1ヶ月で買った時よりも16,700円も安くなりのです。

通勤定期は払い戻しも可能

それでも会社を辞めたり転職した場合は、残りの期間がもったいないという方もいるかもしれませんが、通勤定期は月単位で払い戻しが可能です。

払い戻しが可能であるので、手元に資金があれば必ず6ヶ月で買ったほうがお得といえるでしょう。

6ヶ月の定期券を買う=利回りの良い債権に投資すると考えよう

それでも一度に数万円のお金を支払うことに抵抗があるという方は考え方を変えましょう!先程の横浜から東京駅までの例でいえば、6ヶ月分の定期券をまとめて買うことによって16,700円お得となります。

よって利回りは16,700円/66,700円=25%となり半年間で25%の利益を得ることができる計算になります。つまり半年間で25%の利回りがある6ヶ月ものの金融商品を買ったと考えることができるのです。

この例では半年間で25%の利回りなので、極論をいうと消費者金融で通勤定期券代の66,700円を年率20%で借りたとしても利益がでる計算になります。

◆消費者金融で借りた場合の計算

消費者金融で半年間年利20%で借りた場合の金利 ⇒ 66,700円×0.2/0.5ヶ月=6,670円
借りたお金で6か月分の定期を買うと16,700円の得 ⇒ 16,700円-6,670円=10,030円の得

クレジット利用で更にお得

クレジットカード定期を買うとポイントが付く

通勤定期券をクレジットカードで支払うとポイントも貯まり更にお得になります。金額が大きいので例えば10万円分のクレジット払いで1%還元なら1000ポイントのポイントが付くことになります。

クレジット払いであるならば支払いも翌月に繰り越せるので資金効率も高まります。できる限りクレジットカードを使った支払い方法にしましょう。

クレジットカードが使えない路線

ローカル路線などを利用している場合など一部クレジット支払いに対応していない路線も存在します。

事前にご自身が利用している路線の通勤定期購入にクレジットカードが使えるかの確認を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です