【解説】ジュニアNISAについてわかりやすく解説! 相続税対策に有効!?毎年100万円の贈与でお得に節税に?

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAとは言葉通り子供向けのNISAのことです。
親や祖父母が資金を代わりに拠出し子供、孫のために運用を行います。

毎年贈与税がかからない100万円ずつをジュニアNISAを使ってお孫さん名義で運用する年配の方も増えています。

子供が成長し、20歳になった段階でNISA口座が開設され引き継ぐことができます。
またジュニアNISAの制度運用期間は2023年までとなっています。

ジュニアNISAの利用イメージ

参照:金融庁

ジュニアNISAとNISAの違い

ジュニアNISAとNISAの大きな違いは、非課税額の金額です。NISA口座の一年間の非課税額120万円に対してジュニアNISAの非課税額は80万円となっています。

どちらも非課税期間は5年間となっているので、5年間満額で運用するとNISAが600万円、ジュニアNISAが400万円となります。

ジュニアNISA注意点

  • 途中で引き出すことができない
  • 金融機関の変更ができない

途中で引き出すことができない

ジュニアNISAはその口座の名義人が18歳になるまで引き出すことができません。
仮に途中で引き出しする場合はその時点での含み益に対して課税されることになります。

金融機関の変更ができない

ジュニアNISAは途中で金融機関の変更をしたいと思っても変更することができません。
NISA口座に関しては金融機関の変更が1度は認められています。

金融機関によってとり取り扱っている金融商品は違うため注意が必要です。

仮に何としても金融機関を変更したいという場合は既存のジュニアNISA口座を閉じ、新規で解説したい金融機関でジュニアNISA口座を開くしかありません。

廃止する際には含み益の利益に対して課税されることになります。

まとめ

以上のことからジュニアNISA口座を開設する前段階で、どの金融機関が良いかを計画的に決めなければいけないと分かったと思います。

その前段階の事前情報を習得することに最大限の時間と労力をかけましょう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です