【初心者向け】株式投資のおすすめ情報サイト4選!情報収集はたったこれだけでOK!!

情報サイトを利用する意味

今回は株式投資を行うにあたって活用するべき4つのおすすめサイトをご紹介します。投資をする上では断片的な情報だけでは不十分で、様々な情報元から情報を取得し俯瞰的に相場を見る必要があります。

今回紹介する4つのサイトはをフル活用すれば、実際にプロの投資家が使っているbloomberg有料版などの情報ベンダーにも負けません。使い方を身に付けて是非活用してください!

おすすめ株式投資情報サイト5選

  1. 日経電子版
  2. 四季報オンライン
  3. Yahoo!ファイナンス
  4. 見やすい世界の株価フラッシュチャート

日経新聞電子版

まずは日経電子版です。紙媒体でなく電子版形式をおすすめします。電子版を勧める理由は電子版の方が速報性があるからです。

スマートフォンに日経電子版アプリを登録しておけば何かしらの大きな経済的事象が起きた際には

ポップアップが表示されます。

このポップアップは非常に便利で、大きなイベントが突発的に起きたとしても見逃す事はありません。

また日経電子版は電子版でしか読めない記事を多く掲載しています。相場や経済の情報をサクっと得るには日経電子版が適していると言えます。

日経新聞の読み方がよく分からないという方は、下の記事を参考にしてください。

日経新聞の活用法!見るべきポイントはたったの3つ?

四季報オンライン


参照:四季報オンライン

次は四季報オンラインです。紙媒体の四季報ではなく電子版の四季報であることがポイントです。

紙媒体の四季報だと毎回更新された際に四季報を買い換えなくてはいけません。しかし四季報オンラインでは情報が更新されると自動で企業の情報を更新してくれます。

加えてスクリーニング機能も付いており、自分が見つけたい銘柄を簡単に見つけることもできます。

ベーシックプランで月額1080円かかりますが、気になった個別株を調べる際は四季報オンラインが便利です。

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスでも情報はしっかりまとまっていますが、ご自身が利用する証券会社や日経新聞の情報で十分です。

Yahoo!ファイナンスで利用してほしいのは株の掲示板です。投資をする上で市場参加者の心理を知ることは必須です。

自分で書き込みをする必要はありませんが、どの銘柄の掲示板が盛り上がっているかは把握するようにしましょう。

掲示板が盛り上がっている→市場参加者が多い→流動性と値動きがある→つまりチャンスがある銘柄ということになります。

スマホでの見方はYahoo!ファイナンスの①【ランキング】から②【掲示板】に進むことで、掲示板の盛り上がりランキングを見ることができます。(※スマホで掲示板を見る場合はアプリが必要です)


参照:Yahoo!ファイナンス

短期で勝負したい方はこの掲示板を活用しましょう。

見やすい世界の株価フラッシュチャート

参照:見やすい世界の株価フラッシュチャート

次は「見やすい世界の株価フラッシュチャート」を紹介します。このサイトは情報サイトというよりも様々なチャートを一見で把握できる便利なチャートサイトです。

実は株式投資をする際に、日経平均などの日本の株価を見るだけでは十分ではありません。

日経平均以外にも前日のダウ平均やイギリスのFTSE、上海株の値動きも見るクセを付けておく必要があります。

というのも現在の世界経済はシームレスに繋がっており互いに影響を受けています。ダウ平均が上がれば日経平均も上がりますし、上海で株が下落すれば日経平均も下落するのです。

この相関性を知っていれば、どちらか一方が動き出した際に適切な投資判断を下す事が可能になります。

証券会社でもダウなどの指数を確認できますが、「見やすい世界の株価フラッシュチャート」は一目で世界の指数を確認できますので活用してみてください。

株価の指数以外にも10年債の利回りやビットコイン価格などを表示させたりと、自分でカスタマイズすることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です