【お得】ラーメン並無料券が一枚貰える!毎年10月1日は天一の日!

2018年10月1日は天下一品の日!

今年も来ました毎年恒例10月1日の天下一品の日!

全国の天一好きの人たちがこぞって天一に通う日ですね(笑)

天下一品の日とは

天下一品の日とは毎年恒例で行われている10月1日(テンイチ)の日に行われるイベントです。

1日に天一に行き、店内でラーメン(並、大、特大、定食)を注文すると、なんと「ラーメン(並)648円」の無料券がプレゼントされるのです!

つまり一回の来店でラーメン並を頼めば、実質半額で食べられる計算になりますね。

また、「天下一品後祭り」というキャンペーンも実施されています。こちらは10月2日から10月14日まで開催され、ラーメン一杯につき一枚のスピードくじをもらうことができます。

当たると「こってりどんぶりメジャー」や「ミニミニどんぶり」を貰うことができます。

天一ファンの方は是非チャレンジしましょう!

参照:天下一品HP

投資的観点で天下一品を考える

「ただのラーメンのお得話じゃないか」と言われそうなので、投資的観点からも天下一品を考えていきましょう(笑)

株式会社天一食品商事

天下一品は株式会社天一食品商事によって運営されています。

参照:天下一品HP

創業者は現在代表取締役の木村勉さんですね。この方は日本の実業家であり株式会社天一食品商事の創業者でもあります。

木村さんの天一創業エピソードが非常におもしろいので興味があったら是非。漫画形式で書かれているので読みやすいですよ!

~木村勉(天下一品創業者)手持ち3万7000円からの出発~

現在は241店舗まで店舗を拡大させています。ラーメンチェーン店でこの規模は本当にすごいですね。

株式会社天一食品商事の売り上げは?

HPの会社概要をみても売上や決算書が公表されていません。

というのも株式会社天一食品商事は上場していないからです。おそらく創業者である木村勉社長が現在株式の過半数以上を保有していると思われます。

つまり上場していない分、株主の目を気にする必要がないので売上など公表しなくていいわけです。

そういった意味では非上場企業は何かしらと動きやすい経営が行えるといえますね。

今後の上場の可能性は!?

同じラーメンチェーン店である幸楽苑が店舗数536店舗ほどで上場しているので、現在241店舗の天下一品が更なる店舗数を拡大するため新規上場し、新たなキャッシュを得て事業拡大する可能性は十分あり得ると考えられます。

ただ今まで上場してこなかったということは、創業者である木村社長が上場に前向きではない可能性も考えられます。

もし近い内に新規上場するのであれば個人的には株主優待に期待したいところですね。

今すぐラーメンが食べれる株主優待が欲しいという方は、下の記事を参照してください。(つけ麺ですが(笑))

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387) 100株で年間6000円の食事券!つけ麺とカニ味噌好きな方はおすすめ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です