【初心者向け】資産運用をこれからはじめる人向け!オススメ本BEST5

資産運用をこれからはじめる人向け!オススメ本BEST5

今回はこれから投資を始める方向けに初めに読んでおくべき本BEST5を紹介したいと思います。

いきなり投資を始めるより、ある程度の知識を付けた上で投資を始めるようにしましょう。

◆オススメ本BEST5

  1. 「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」
  2. 「コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす」
  3. 「はじめての人のための3000円投資生活」
  4. 「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」
  5. 「「会社四季報」業界地図 2019年版」

第1位 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

オススメしたい第1位が「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」です。著者は元ファンドマネジャーで現在は楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元氏です。

「定期預金よりマシな方法はないの?」
「お金を増やしたかったら結局何をすればいいの?」
「老後はいくらあればいい?」
「家は買ったほうがいいの?」
「保険は入ったほうがいいの?」
「NISAっていったい何ですか?」

といった基本的な内容を中心に書いてある本です。非常に読みやすく、知識ゼロからでも読むことができるので是非読んでみてください。

第2位  コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

オススメしたい第2位は「コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす」です。

20代からと書かれていますが、20代以外の世代でも問題なく読むことができます。内容は分散投資をして、長期的に投資を続けることで将来の資産を築きあげましょうといった内容です。

内容はマンガで書かれているため、非常に読みやすいです。

第3位  はじめての人のための3000円投資生活

第3位は「はじめての人のための3000円投資生活」です。まずは少額の3000円から貯金感覚で投資を始めてみましょうという内容です。

文章も易しく書かれており、投資未経験の方でも問題なく読むことができますよ!

まだ投資を始めるのに踏ん切りがつかないという方は是非読んでみてください。

第4位  MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

第4位は「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」です。株式投資をする上で、決算書を読むことは必須になってきます。

この本を読めば、四季報など問題なく読むことができるようになりますので決算書をまだ読むことができないという方はこの本から試してみてはいかがでしょうか。

第5位  「会社四季報」業界地図 2019年版

第5位は「「会社四季報」業界地図 2019年版」です。これは主に就活生などが自分の就職したい業界を調べるときに活用するものです。

しかし、業界の規模や業界の概要、企業順位などを知る上ではこれ以上ないという程きれいにまとめられているのでどのような企業に投資したらいいかまだ決めかねている方は是非読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です