証券会社とは?儲けの仕組みや仕事内容をわかりやすく解説!投資銀行部門ってなに?

証券会社はそもそもなにをしているのか

普段何気なく利用している証券会社ですが、証券会社は企業としてどのような方法で収益を上げているのでしょうか?いざ聞かれるとなかなかパッと答えられないかもしれません。

証券会社を利用する我々の立場として、証券会社側の収益は我々のコスト(手数料)となるのでその仕組みを知っておいた方が良いかと思います。

今回はそう言った理由で、証券会社の業務内容と収益の仕組みを説明していきたいと思います。

株式の売買の仲介(ブローカー業務)

証券会社のメイン業務として株式のブローカー業務が挙げられます。投資家から受けた株式などの売買注文を、流通市場に取り次ぐ業務です。取り次いだ際に委託手数料を受け取ることで収益を得ます。

ネット証券では顧客自らがネット端末を利用し売買注文を行います。一方店頭証券会社では顧客一人一人に担当が付き電話注文で売買を取り次ぎます。

店頭証券会社は人件費がかかる分、委託手数料がネット証券会社と比べでだいぶ異なります。

詳しくは下の記事をご覧ください。

店頭証券会社とネット証券どっちがいいの? コスト負け必然!?それぞれのメリットとデメリットも紹介!

新規上場させる株を顧客に売る(セリング業務)

ブローカー業務の他に、証券会社は新規上場株を売るという業務があります。この業務は主にネット証券ではなく店頭証券会社の営業マンが全国の顧客に向け営業をかけることになります。

つまり新規上場をする前に投資家に株式を買ってもらう業務がセリング業務です。

投資銀行部門の業務

先程説明したブローカー業務とセリング業務は、主に店頭証券において営業部門が業務を行っています。証券会社では営業部門の他に投資銀行部門があり、様々な業務を取り扱っています。

証券会社による自己売買(ディーラー業務)

証券会社は、自身がディーラーとなり顧客の注文を受け付けるディーラー業務も行います。客から受けた注文を自己ポジションとして保有し鞘を抜く(利益を出す)のです。

プロップディーラーと呼ばれる自己裁量でエントリーまでも自身で行うディーラーも昔はいましたが、リーマンショック以降は減少傾向にあります。

日本だと地場証券などでプロップをやっている証券会社がありますが、世界的に自己最良トレードを行う金融機関は縮小傾向にあります。

非上場企業を新規上場させる手伝い(アンダーライティング業務)

アンダーライティング業務とは証券会社が行う新規株式の引受・売出し業務のこと。

株式会社が新規に株式発行するとき、新規株式を売り出すことを目的として証券会社が引き受ける業務を引受といいます。

万一売れ残ったときは証券会社が責任をもって引き取る(買い取る)ことになってしまうので、全国の証券営業マンが必死になって売りさばくのです。

証券会社が企業から新規株式を引き受ける場合、ある程度割安な価格で引き受けることができます。それを個人投資家に売る際は若干値を上げて売り、その分のさやを取ることで収益としていりのです。

またこのアンダーライティング業務のノウハウは、ネット証券会社よりも店頭証券会社の方が持っているため新規上場の主幹事は店頭証券の方が多いのです。

顧客や自社ファンドマネージャーのレポート作成

また投資銀行部門の業務にはレポートの作成があります。主にこちらはセルサイドとバイサイドと区分分けがされています。セルサイドは顧客向けに株式や投資信託を買ってもらうためのレポートを証券アナリストが作成し顧客に開示します。

一方バイサイド側の証券アナリストは自社系列のアセット会社など内部の人間に対して情報を作成します。その情報を基に、ファンドマネージャはポートフォリオを管理します。内部情報になるので外部に公開されることはありません。

M&Aアドバイザリー業務

M &Aアドバイザリー業務とは企業が合併(Merger)や買収(Acquisition)等を検討する際に、助言を行いスムーズにM&Aが実行できるようにサポートを行う業務です。

ちなみにこの仕事は証券会社の独占業務ではなく、メガバンクやコンサルタント会社も事業に参入しています。またM&Aアドバイザリー業務は日本企業よりも外資系の企業の方が比較的ノウハウを多く持っているのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です