投資で負けない方法!!負けない投資家が実践している3つのこと

投資に負けない方法

投資における「負け」とは何か

投資における「負け」とは何だと思います?私が考える投資においての「負け」とは一度の負けで大きな損失を出し、投資ができなくなってしまうことであると考えています。

逆を言えば損切りしたとしても、投資を継続することができるのであればそれは負けとは言いません。

負けないためにはどうしたらいいのか

それでは、どのうようなことを実践すれば一度の負けで大きな損失を出さずに長期的な投資が行えるようになるのでしょうか。

これは実践するというよりも、投資に対する考え方といった方がいいかもしれません。投資においては3つの考え方を備えている人こそ長期的に成功することができます。

負けない投資家が実践している3つのこと

  1. 勝つための一時的な負けを受け入れる
  2. 負けた理由を考える癖をつける
  3. 投資資金を生活と結びつけない

勝つための一時的な負けを受け入れる

まず1つ目の考え方は、勝つための一時的な負けを受け入れるということです。若干矛盾しているようにも聞こえますが、「一時的」という言葉がついているところがポイントです。

一時的な負けを素直に受け入れ、最終的な勝ち負けの収益を合わせたトータルの損益で勝つという意識を持つのです。

それでは、一時的な負けを受け入れられない場合はどのようになるか考えて見ましょう。一時的な負けを認められないということは損切りができないということになります。もちろん損切りをしなければ勝率は上がりますが、長期的なトレンドが発生した場合には一度のエントリーですべてを失ってしまうことになります。

小さくこつこつ負け、勝つところで大勝ちしあくまでもトータルの収益をプラスにするといった意識を持って投資を行いましょう。

小さな負けは負けではないのです。

負けた理由を考える癖をつける

2つ目は負けた理由を考える癖をつけるということです。人間というものは間違いを必ずおこしてしまうものです。

しかしその間違いも投資においてはパターンがあります。例えば連続の負けが続くとロットを上げ逆張りしてしまったり、チャンスが来たのにエントリーが怖くて結局取れる利益を取れなかったなど、人それぞれに固有の負けパターンがあるのです。

この負けパターンは一つ一つ自分で確認し、次はどのようにしたらいいんのかを考えなければまた同じ間違いを繰り返して今します。

このパターンを確認する上で有効なのが、相場で負けた際の復習ノートを作ることです

私も勝てない時期はチャートのピクチャを取り負けた理由などを書き込み、常に復習して読み返すようにしていました。

結果、自身の負けパターンが分かり再度同じ過ちを繰り返しそうになった時は冷静な判断を下せるようになりました。

このような復習ノートは思い出したくもない自分の負けを思い出し、苦痛を伴う作業ですが非常に効果的なので復習ノートは必ずつけるようにしましょう。

投資資金を生活資金と結びつけない

3つ目は投資資金を生活と結びつけてはいけないということです。例えば5万円の損失を被ったとします。その際に、5万円あれば旅行に行けたな~とか5万円あれば新しい家具が買えたなといった事を考えながら投資を行っている人は非常に危険です。

このような考えに至るということは、運用資金が生活にダイレクトに結びついてしまっていることを意味しています。投資資金が生活に結びついていると、投資の失敗次第で自分の生活まで影響を受けてしまうため冷静な投資判断を行えなくなってしまうのです。

この考えに陥ってしまっている方は、投資資金を減らし生活資金とは別の余裕資金で運用を行うようにしましょう。生活資金と投資資金をしっかりと分ければ、冷静な投資判断ができるはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です