【解説】FX取引とは?レバレジの仕組みとメリット・デメリットをわかりやすく解説!

FXとは

FXとはForeign Exchangeの略で、正式には外国為替証拠金取引という商品です。
簡単に表すと海外の通貨であるドルや円を売ったり買ったりしその差益で利益を出します。

レバレッジとは?

レバレッジとはてこの原理という意味です。本来持っているお金以上の取引ができると言う意味です。
今現在日本での最大レバレッジは25倍です。

自己資金の最大25倍の取引ができるということです。
FXという商品が生まれたばかりの頃はレバレッジが200倍という時代もあり、当時は破産する人も多かったようです。

個人的には現在の25倍でもレバレッジは高いと思っています。
結局相場の世界は上げ下げなので、長期的に運用できるようにするためにはいかに負けをコントロールするかが大切です。そのためにはうまく負ける必要が出てきます。

つまり小さく負けるということです。

25倍のレバレッジを効かせれば一度の負けで10%以上のドローダウンになってしまう可能性もあるので、できれば5倍ぐらいのレバレッジで丁度いいと思います。

レバレッジ のメリットとデメリット

レバレッジのメリット

  • 少ない資金で大きな資金を運用でき資金効率が良い
  • ロング、ショートどちらからでもエントリーできる

少ない資金で大きな資金を運用でき資金効率が良い

少額な資金でも最大25倍のレバレッジを効かせることができるので、少ない資金で大きなリターンを得られる可能性を手に入れることができます。

ただ、リスクとリターンはトレードオフですのでそこら辺はしっかりとしたリスクマネジメントが必要になってきます。

ロング、ショートどちらからでもエントリーできる

FXは買いからだけではなく、売りからエントリーすることができます。
ドル円であればドルを売って円を買うこともできますし、ドルを買って円を売ることもできるのです。

レバレッジのデメリット

  • レバレッジを効かせすぎると強制ロスカットに合う可能性がある
  • 負けたら更にレバレッジを上げて勝負するというギャンブルをしてしまう可能性がある

レバレッジを効かせすぎると強制決済(ロスカット)に合う可能性がある

証拠金が少ない場合レバレッジを効かせすぎるとちょっとした値動きで強制決済(ロスカット)になってしまう可能性が高まります。

負けたら更にレバレッジを上げて勝負するというギャンブルをしてしまう可能性がある

FXは最大25倍までレバレッジをあげて取引をすることができます。
つまり自分がもっている資金以上の資金をポジションとして持つことができるということです。

負けが続き取り返したいと思う気持ちが強くなればなるほど、本来の余力以上の資金で運用したいと思う気持ちが強くなってしまいます。

そういった面でレバレッジ25倍という枠は非常に危険でありデメリットであるといえるでしょう。
最近金融庁がFX業界にレバレッジ規制を更に強めるのではないかといったニュースが流れました。

→FX規制強化へ 金融庁、証拠金倍率10倍に下げ

金融庁は2018年春にも外国為替証拠金取引(FX)の規制を強化する方針だ。個人投資家が預けたお金の何倍まで取引できるかを示す証拠金倍率(レバレッジ)を、現行の25倍から10倍に引き下げることを検討する。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や業者が想定を超える損失を抱えるリスクを減らす。
13日に店頭FX業者の決済リスクを議論する有識者会議を立ち上げ、規制強化策を議論する。

出典:日経新聞

金融庁自体もレバレッジ25倍という水準はまた高いと思っているということなので、今後更なるレバレッジの引き下げが行われるかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です