FXでも使えるドルコスト平均法とは!?長期投資のおすすめ手法!

リスクの低い投資方法

今回はリスクの低い投資方法を紹介します。一度のエントリーで一獲千金を狙う方法はギャンブルです。

一獲千金で儲けるのではなく、リスクを抑えた投資を行い長期的な運用を行うことを心がけましょう。

そもそもリスクとは

そもそもリスクとはリスクとリターンとの振れ幅の事をいいます。投資において大きなリターンを得ようとすればするほど、リスクは大きくなります。

例えばFXでレバレッジを25倍まで引き上げれば、それだけ大きなリターンを得る可能性は上がりますがその分リスクは大きくなります。

つまり投資におけるリスクとリターンはトレードオフの関係にあるのです。一方を大きくするともう一方も大きくなってしまうといった関係です。その関係を投資の世界では「リスク」と表現します。

この「リスク」の振れ幅を抑える方法が実は長期投資なのです。そしてその長期投資における有効な手法がドルコスト平均法です。

長期的な運用でリスクを抑える方法

ドルコスト平均法とは

長期的な運用においてのリスクを抑える方法として、ドルコスト平均法というものがあります。

ドルコスト平均法では、毎月一定の金額ずつ金融商品を購入します。毎月決まった額を購入することにより価格が安いときには多く金融商品を購入することができ、逆に価格が高いときには少量しか購入しないため、平均的な取得額が分散されリスクを抑えて運用ができるという仕組みです。

参照:ダイヤモンドオンライン

結果安い平均取得価格で投資ができるという、正に時間を活かした投資方法なのです。

ドルコスト平均法でエントリーを分散

ドルコスト平均法での最大の肝はエントリーを毎月分散することによる時間的分散投資です。ベストのタイミングでエントリーすることが難しい分、エントリーを小分けにしべストタイミングでエントリーできる期待値を上げるのです。

もちろんドルコスト平均法もメリットだけではなくデメリットも存在します。

ドルコスト平均法のメリット

  • 時間的分散でリスクを抑えることができる
  • 機械的な投資のため楽に運用を行える

時間的分散でリスクを抑えることができる

エントリーを時間に分けて分散することにより、高値掴みする可能性を抑えることができます。またエントリーの分散効果によって価格が安いタイミングで多く買うことができます。

結果、平均取得価格を抑えることができ低い平均取得価格でポジションを保有することができます。

機械的な投資のため楽に運用を行える

ドルコスト平均法は毎月決まったタイミングでエントリーを行う手法です。よってエントリーのタイミングを考える必要はなく機械的に投資をすることができます。そのため精神的な不安や手間を省いた運用を行うことができます。

ドルコスト平均法のメリット

  • 大きなリターンを取り逃してしまう可能性がある

大きなリターンを取り逃してしまう可能性がある

ドルコスト平均法の一番のデメリットはを分散エントリーにより大きなリターンを取り逃してしまう可能性があることです。

ドルコスト平均法ではエントリーを毎月定額で行うため運用開始直後におけるポジション自体が少なくなります。相場が自分の思う方向に動いたとしても、ポジション量が少ないため大きなリターンを得ることができません。

まとめ

ドルコスト平均法は、短期的には大きなリターンを逃す可能性があるといったデメリットが存在します。しかし長期的に考えた場合、平均取得コストを低く抑えることは長期的な運用における期待値をプラスにすることができます。

運用方法に悩んでいる方がいたらドルコスト平均法で毎月決まった額を決まった運用商品に投資してみてはいかかでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です