ワールド(3612)新規上場IPO銘柄 アパレル事業でブランド展開!

ワールド(3612)新規上場

ワールドの事業内容

ワールドは百貨店を中心に、「1ブランド1ショップ」で出店している企業です。ファション事業をメインに以下4つの事業を展開しています。

  1. ブランド事業
  2. 投資事業
  3. デジタル事業
  4. プラットフォーム事業

店舗数も多く百、貨店やショッピングモールにおいて全国2400店舗程の出店をしています。

2005年にはMBO(経営陣が参加する買収)を行い上場を廃止させていました。約13年ぶりの再上場となりますが、上場で得ることになるキャッシュはネット通販事業基盤整備やM&A(合併・買収)などの成長投資につぎ込む予定です。

ZOZOTOWNがネット通販でのファッション分野において、アマゾンを押さえ国内を独走している中ネット通販事業に今から参入するのは非常に厳しい環境であるといえるでしょう。

ワールドの売り上げ推移

2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
2018年
3月
売上高(百万円) 281,555 268,077 244,585 249,983 245,829
経常利益(百万円) 4,470 495 △1,636 12,066 13,225
当期純利益(百万円) 52 △1,455 △5,187 8,150 6,743
純資産額 (百万円) 25,239 15,833 9,537 20,338 26,995

 

2014年から売り上げ自体は落ちているものの2017年から経常利益と当期純利益が黒字化しています。これはコストの削減や、不採算店舗の撤退などが大きかったようです。

ただ売り上げが落ちてきているのが不安要素でもあります。今後ユニクロやZOZTOWNなどの牙城を崩し、どのように売り上げを増やしていくかといった経営戦略が焦点となりそうです。

「低価格で買えるユニクロ」、「ファッション通販ゾゾタウン」。この二社のように「ワールド」といったら〇〇といったイメージを消費者に持ってもらわなければいけません。

ワールドのIPOスケジュール

※スケジュールは各証券会社で異なる場合があります。

スケジュール日程

抽選申込期間 9月11日(火)~9月14日(金)
当選発表日 9月18日(火)
購入申込期間 9月19日(水)~9月25日(火)
上場日 9月28日(金)

 

IPO当選株数

公募株数 14,850,000株
売出株数 3,642,000株
当選株数合計 18,492,000株

【関連記事】知らないと損をするIPO(新規公開株)初値で上昇しやすい銘柄の3つの条件とは!?

ワールドの初値予想

ワールドの上場は想定時価総額が1000億以上となりますので、若干大きめのIPOになりそうです。このような時価総額が高い企業のIPOは発行株数が多い分いきなり窓を開けて上昇する可能性は低いと思われます。

IPOに応募するのであれば、上場直後の値上がり益を取るといったイメージではなく長期保有で持つことをイメージした方が良さそうな銘柄ですね。

よって初値予想は市場の公募価格とそれ程乖離せず、値動き自体も限定的であると予想します。

ちなみにIPOにおける初値良そうはフィスコの有料サービスがおすすめです。

フィスコの株を買うことで、株主優待としてもサービスを無料で利用することができますよ!

【関連記事】フィスコ(3807)の株主優待はフィスコIPOナビが無料で使える? IPOの初値予想はフィスコにお任せ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です