スルガ銀行が倒産した場合、預金はどうなるの?シェアハウス問題

仮にスルガ銀行が倒産した場合預金はどうなるの?

預金保険制度によって元本1,000万円まで保証

結論からいうと、仮にスルガ銀行が倒産してしまった場合、預金保険制度によって元本の1,000万円とその利息までが保護の対象となります。1000万円を超えた金額については、破たん金融機関の財務状況に応じて支払われることになります。

1,000万円以上は引き出した方が無難

財務状況によって支払われるといっても状況次第では1,000万円以上の預金は保護されません。スルガ銀行に1000万円以上の預金を預けているという方がいれば、今すぐに預金を別の金融機関に移動させることを推奨します。

預金を引き出して他の金融機関に預金を移動させようとする人たちが増えればスルガ銀行の資金繰りも難しくなっていくため、今後預金引き出しの制限等を設けるかもしれません。

そうなる前に預金を移動させましょう。

スルガ銀行で買った投資信託は破綻した場合どうなるの?

スルガ銀行で投資信託を購入している方もいるかもしれません。その投資信託はスルガ銀行が破綻した場合どのようになるのでしょうか?

結論からいうと、仮にスルガ銀行が破綻したとしても投資信託は銀行と分けて管理されているため、安全に守られます。

よって投資信託をスルガ銀行で購入されている方は、スルガ銀行の破綻で投資信託がなくなるということを気にしなくても大丈夫ですよ。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

【関連記事】銀行や証券会社が倒産した場合、買った投資信託はどうなるの?

スルガ銀行シェアハウス問題

それではスルガ銀行が現在このような状況に追い込まれていった経緯をみていきましょう。

今回の不正融資は、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズの破綻により、スルガ銀行の不正が明るみになったことから始まりました。

余談ですが、このかぼちゃの馬車のCMは不倫騒動で復帰したばかりのベッキーが担当していたというのも皮肉なものです。。。

資料改善などの不正に対して行政処分が未だに出ていない状況です。今後まだ表に出てきていない不正や行政処分ががでることによって更に状況が悪化する可能性があります。

最悪なケースでは今後の状況次第で「倒産」という可能性もゼロではありません。

スルガ銀行が不正融資をするようになった理由

そもそもこのシェアハウス問題は信用力のない顧客に不正に融資を行うことから始まりました。

スルガ銀行が不正融資をするようになった理由は主に2つあります。

  1. スルガ銀行の独自の営業スタイル
  2. 銀行業界を取り巻く環境

①スルガ銀行の独自の営業スタイル

1つ目の理由は、スルガ銀行の独自の営業スタイルです。スルガ銀行は東を横浜銀行、西を静岡銀行に挟まれた沼津市を本店とし営業をはじめました。

【関連記事】地方銀行大手、静岡銀行(8355)の株価は今後どうなる?

有力地銀と同じ土俵での戦いを避けるため、法人メインではなく個人メインの融資に切り替えたことにより、業績を上げ事業規模を拡大させてきたのです。

当然法人より個人の方が融資の審査は甘く、営業マンもノルマ達成のために無理な不正融資を行うことが常態化されてしまったのです。

②銀行業界を取り巻く環境

2つ目の理由は銀行業界を取り巻く環境です。現在日銀はマイナス金利を適応しており政策金利は0%水準となっています。

【関連記事】日本銀行のマイナス金利政策の仕組みをわかりやすく解説! マイナス金利だと利息が取られる??

銀行は資金を貸し出し、国債と貸し出し金利の利ザヤを得ることにより収益を上げてきました。しかし現在は国債の金利が0%近くまで低下している状態なので収益自体も以前と比べて稼げなくなっている状態なのです。

日本国債10年債利回り


参照:楽天証券

こういった環境からとにかく融資の数を増やして、利益を上げなくてはいけないといった状況に追い込まれてしまったのです。

これはスルガ銀行に限った話ではなく、銀行業界全体が収益性という意味で悩まされており、日経平均株価が高値を更新している中でも銀行株は冴えません。

銀行の株式が冴えない理由を詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。

【関連記事】銀行株が軒並み下落している理由は3つ!今後銀行の成長性はない!?

スルガ銀行株価

参照:楽天証券

株価を見てみると去年までは順調に2500円程まで上昇していました。しかしシェアハウスの問題により半年で株価は急落し、現在では500円台を割り込んだ水準まで下落している状況です。

スルガ銀行に一部業務停止命令(※追記2018年10月3日)

スルガ銀行に金融庁より一部業務停止命令が出されました。具体的には期間数ヶ月ほどの投資用不動産向け融資の業務停止命令です。

金融庁は5日、スルガ銀行に対し、投資用不動産向けの新規融資を対象に6カ月間の業務停止命令を出したと発表した。改ざんされた審査書類などに基づく不適切な融資が横行。経営陣も見過ごすなど企業統治に重大な不備があると判断した。顧客保護や法令順守の体制づくりを求める。スルガ銀はさらに多くの不正が紛れ込んでいないか、同融資を全件調査する。

引用:日経新聞

スルガ銀行は自主的に不動産融資の業務自粛を行ってきましたが、ここにきて金融庁より業務停止命令といった形で通告されたということは、今回の騒動が組織ぐるみの悪質なものであったからだといえるでしょう。

預金の払い戻しなど通常の窓口業務の継続は認められるため、業務停止だからといって預金が引き出せなくなるということはありません。

スルガ銀行の今後

再建は非常に厳しい

銀行業というのは、顧客との信用を糧とする商売です。不正に融資を行い、多くの顧客を破綻させたというイメージは今後の経営において大きな重石となってくるでしょう。ましてや個人をメインターゲットとしていたスルガ銀行においては顧客一人一人との関係性が重要だったはずです。

その関係性をもう構築するためにはこれまで築き上げてきた以上の時間を必要とするので、今後の経営を立て直すにはある程度の時間を必要とするでしょう。

スルガ銀行創業家系に500億円の融資!新たなリスク要因?

スルガ銀行は不正融資以外にも創業家が運営する会社にも500億の融資をしていることが発覚しました。

 スルガ銀行が創業家の関連企業に500億円弱を融資していることが3日、わかった。実態のない企業や経営状態の悪い企業もある。スルガ銀の株式を持つ企業もあり、借入金の使途でも不透明な点が残る。立ち入り検査中の金融庁はスルガ銀の企業統治(ガバナンス)の欠如を示す例として問題視し、実態の解明を急いでいる。

引用:日経新聞

創業家が絡むと基本的に株価に悪影響を与えるケースが多くなります。最近では大塚家具が創業家同士の揉め事が要因で業績を悪化させることがありました。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

【関連記事】大塚家具(8186)が失敗した理由は3つ!今後は上場廃止!?

創業家の関連企業とスルガ銀の関係が明るみに出れば、スルガ銀行の株主構成にも影響を与える可能性があります。

そしてこの500億円にのぼる融資を実行した判断や貸し出し条件が不適切であった場合、スルガ銀行の更なる株価の下落を招く恐れがあるでしょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です